債務整理するための必須条件【基礎から分かる債務整理ガイド】

債務整理するための必須条件【基礎から分かる債務整理ガイド】

債務整理するための必須条件【基礎から分かる債務整理ガイド】

債務整理というのは、多額の借金を抱えた人が、いったん借金の清算を図ることで、実は1つの方法のみを指すのではなく、任意整理、個人再生、自己破産などのいくつかの方法に分かれています。
すべて債務整理であることにかわりはありませんが、それぞれの方法ごとに利用できる条件の違いなどがありますので、弁護士や司法書士のような法律に詳しい専門家に相談をした上で、現状を踏まえたもっとも適切な方法を選ぶということが必要になります。
まず、債務整理のなかの任意整理ですが、これは裁判所を通すことなく、債務者と債権者が話し合いによって借金を減額するという方法です。任意の話し合いですので条件はありませんが、裁判所を通さない以上、相手が話し合いに応じない限りはまったく強制ができないという特徴もありますので、そうした意味から法律に詳しい専門家への依頼が特に求められるといえます。
個人再生は、借金を大幅に減額した上で原則3年間で返済する計画を立て、裁判所のお墨付きをもらって実行するというものです。大幅減額とはいえ借金の返済の必要は生じますので、一定の収入が継続する見込みがあり、住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以下であるというのが条件となっています。
自己破産は、不動産や自動車などを含め、自由に所有できる財産に制限がつくかわりに、裁判所の決定によって、これまでの借金の支払いがすべて免除になるという制度です。この自己破産については、個人再生とは逆に返済不能な状態であることが条件となっています。