債務整理とクレジットカードについてのQ&A【よくある質問まとめ】

債務整理とクレジットカードについてのQ&A【よくある質問まとめ】

債務整理とクレジットカードについてのQ&A【よくある質問まとめ】

ブラックリストになる事は避けることができませんが、クレジットカードの借金も債務整理することができます。最初のブラックリストについて説明しておきますと、基本的に債務整理をするということは返済事故ということです。返済事故というのはそのままの意味であり、返済することができなかったということです。返済事故になると信用情報が落ちます。これによって信用機関において自分の信用はブラックリストとなります。ブラックリストはリストが存在するわけではありませんが、返済事故の代名詞として使われています。この状態になりますと、お金を借りたい時などに金融会社へ申し込みをしても信用がないので審査で不合格になることが多くなります。それでも、クレジットカードでたくさん買い物してしまったり、クレジットカードにキャッシング機能があるなら、そのキャッシングから多くのお金を借りてしまった場合など、自分で返済することが難しくなるケースがありますが、債務整理をすることで返済計画を立て直すことができるので考慮してみましょう。債務整理というのは上記で紹介したように信用情報が返済事故としてブラックリストになるというデメリットがありますが、それでも自分で返済することができないときにしっかりと返済計画を立て直すことができるので大きなメリットがあります。債務整理は色々な方法があるので、自分の借金の状況にふさわしい方法を選ぶことが大事です。